「馬プラセンタ」、「豚プラセンタ」どちらが効果高い?

Pocket

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bftop

プラセンタとは「胎盤」を表す英語で元々は哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを「プラセンタ」と呼んでいます。

「プラセンタ」には、生命の源となるアミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、
生理活性成分であるビタミン・ミネラル・核酸・酵素など胎児の生育に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

中でも特に注目浴びてるのが「アミノ酸」

アミノ酸は身体の細胞をつくる原料となり、タンパク質・脂質・糖質は身体をつくる重要な栄養源です。
そしてビタミン・ミネラルには、身体の機能を正常に保つ役割があります。

また、核酸は遺伝子の修復や新陳代謝の調整などエイジングケアに作用する栄養素として知られ、酵素は免疫力アップに欠かせないものとなっています。

他にも抗酸化力を向上させる活性ペプチド、細胞と細胞を繋いで健康な肌をつくるムコ多糖体(ヒアルロン酸など)、細胞の新陳代謝を促す成長因子が含まれるなど、まさにプラセンタ(胎盤エキス)は栄養の宝庫と言えるのです。

※(スキンケア大学資料参考)

 

プラセンタの主な効果

  • 自律神経、ホルモンバランスを調整する
  • 組織修復作用がある
  • 病気への抵抗力を高める
  • 抗アレルギー作用がある
  • 抗炎症作用がある
  • 代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる
  • 肝臓の働きを高める
  • 活性酸素を除去する

 

では、栄養の宝庫とも言われているプラセンタの種類はどれぐらいあるのでしょう?

まず、テレビなどでも度々紹介される「豚プラセンタ」馴染深いと思いですが、
豚以外にも、馬や羊のプラセンタもあります。その中でも、馬プラセンタと豚プラセンタ両方とも化粧品やサプリメントなどの原料として使われています。

値段は馬プラセンタのほうが断然高くなります。

 

%e9%a6%ac%e8%b1%9a

馬プラセンタにはアミノ酸がたくさん含まれていて、プラセンタの中でも高級品に当ります。

近年、人気も高まり、豚プラセンタの次に注目を浴びています。特に高級プラセンタには馬プラセンタが主に使用されるほど貴重です。

 

 

馬プラセンタは他のプラセンタの約300倍ものアミノ酸が含まれています。

これが馬プラセンタの人気の理由です。

また、豚プラセンタにはない種類の必須アミノ酸が6種類も存在しているのも魅力的です。

馬の出産は年に1回、1頭ずつしか生まないことから、豚プラセンタのように大量生産が不可能となっているため、どうしても高価になっているのが現状です。

人間の場合でも胎児に影響が出るので妊婦の食べ物には気をつける必要がありますが、

プラセンタも母親の育てられている環境によって品質や安全性が変わってきます。

taipan

 

 

また馬は体温が高く寄生虫が住み着きにくい動物ですから、その点でも安心だと言えるでしょう。

成分的にも安全面でも優秀なのですから、高価になってしまうのは当然だとも言えます。

 

■サプリメント選びの際の注意点

ただし馬プラセンタを利用しているサプリメントが無条件に効果が高いかといえば、必ずしもそうとは言えません。
プラセンタサプリメントの中には、使用されているプラセンタエキスの量が明示されていないものも多いためです。

同じ分量だけ配合されているのであれば、馬プラセンタが最も効果的であることは間違いありませんが、高価なものなので微量しか含まれていないという商品もあるようです。

馬プラセンタのサプリメントを選ぶ際には、

成分表示がハッキリとしているものを選ぶようにしましょう。
希少価値の高い「馬プラセンタ」はこちら

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です