肌のアンチエイジング効果を求めるなら、 やはり紫外線対策は何より大切です。

Pocket

じめじめ梅雨時期はもうすぐ終わって、夏本番到来!

最近では、お子様までがUVケアに気を付けている時代、

紫外線は本当にシミと老化の原因になるでしょうか?

今日は、皆さんが一番気にされている≪紫外線≫についてご紹介します。

紫外線には2つの波長がありまして、A波、B波に分かれています。

〇紫外線A波(UV-A)

肌の奥(真皮層)まで到達し、肌のハリや弾力をキープするコラーゲン線維やエラスチンを傷つけてしまいますので、これらコラーゲンやエラスチンを生み出す力も自然と衰えてきます。

 

〇紫外線B波(UV-B)

肌のシミやくすみを生み出す紫外線B波は美白の天敵とも言われるほど、
天候や季節により照射量の変動がありますが、5~9月頃が最も注意すべきの季節です。

一方、UVーAは、曇りの日や室内、車の中にまで届き、肌にダメージを与えてしまうので一年中日焼け対策を行う必要があります。

また、うっかり紫外線を浴びてしまったら、その日のうちにすぐ保湿・美白効果の高いパックで肌をリセットしメラニン色素の成長を抑えることが重要なカギとなってきます。

今更、聞けないSPF値…PA値とは?

〇SPA値とは、UV-Bをどのくらいカットできるか表した値のこと。
皮膚を赤くなるまで日焼けさせるまでの時間を延ばす力です。

〇PAは、UV-Aをどのぐらいカットできるか表した値です。
皮膚を黒くするまで日焼けさせる時間を延ばす力です。

それでは、紫外線を自らブロックできる対策として

1、紫外線カットにはUVクリームが一番効果的。

日焼け止めは、朝一度塗って終わるものではなく、細目に塗りなおすことが大事です。

最近では、持ち運び便利な日焼け止めスプレーなど
気付いたらどこでも取りだし“シュッシュ”!手軽さが人気の秘密です。
2.UV機能つきの長袖&日傘を常備。

外出先や旅行など、そのでの活動が多い時の為に日差しから肌を守ったりできる長袖が1枚あれば、体温調節もできますし、カバンに持ち運びできる手軽なカーディガンがおすすめです。

3.湿度が高くてもインナー乾燥の可能性も!

夏は、暑さ対策にエアコンなど体を冷やすために色んな工夫をしますが、
返って肌を乾燥させることになります。乾燥は季節に関係なく肌を老化へと落としていきます。
まず、肌の「保湿状態」を常にチェックし、インナードライ肌にならないように水分と油分を与えましょう。

 

シミの本体となるメラニン色素は、メラノサイトが紫外線や老化(体内で作られた過酸化物)により刺激を受けることで作られます。

シミの名称は部位や形状で変化しますが、基本的なメカニズムに大きな差はありません。肝斑は女性が圧倒的に多いため、女性ホルモンの乱れが大きく関わっていると考えられています。

 

以上のことから、紫外線による“メラニン細胞の増加”を抑えることと、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)促すことが肌を老化から守るアンチエイジングの近道です。

良い日焼け止め化粧品も必要ですが、何より大事なのが地道に紫外線対策を続けることが最も重要なカギとなってきます。

今からでも遅くない!肌にやさしい紫外線対策始めましょう。

サロンコスメおすすめ“日焼け止め対策”商品はこちらへ

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です