【パサつき髪】が驚きのように落着きを戻した方法とは?乾燥に負けない真の美髪へ

Pocket

 

秋冬は乾燥の時期?寒さも増して体も冷え込む時期になると髪のパサつきも止まりません。
特に季節の変わり目は乾燥肌はより敏感に反応して、どんなケアしても物足りなさや乾きやすいと悩む方も少なくありません。

今日は“パサつき髪”が驚きのように落ち着きを戻す簡単な方法などについてご紹介していきます。

 

そもそも髪が一番乾燥を感じる時期は?

人によって年中乾燥が気になる方がいるかと思うと、季節の変わり目に一番肌トラブルも起こしやすく髪の乾燥も気になる方も多いようです。

それは、季節の特長として秋冬は湿度も下がり空気もカラットしていますので、水分量が足りてないサインとして肌が敏感に反応したり、いつもより髪もパサパサしてきます。
もう1点は、洋服との摩擦などによる静電気が増え安くなるため、髪が絡まりやすくなったり、無理にとかしてしまうので髪への負担が増し、より髪を傷ついてしまうことです。
そんな髪のパサつきを止めるために注意すべきのことはなんでしょう。

 

髪のパサつきを防止するための注意点

  1. 秋冬の乾燥は摩擦による静電気が発生しやすい時期、ニットやストールなど首元にふわふわファッションアイテムは摩擦を増やすだけになります。
  2. 静電気防止に役立つのがヘアスプレーなど髪の表面をコーティングし、傷んだりパサつきの原因の乾燥から髪を守ってくれるので、今の時期に活用するのもお勧めです。
  3. 自分の髪質と髪形に合わせて“オイル”or“ヘアミルク”など変えたほうが良いです。冬になると乾燥が気になるとオイルを選ぶ方が多いですが、ウェーブ、パーマをかけてる方にはパーマを長持ちするためにミルク系のほうがおすすめです。その他、ツヤ感を重視したい方はオイルインヘアミストがおすすめです。

 

乾燥を防ぎツヤ髪を目指すのに良い食事とは?

 

方法1.昔から“海藻は髪に良い”と言われているように、わかめ、ひじきといった海藻類は髪の栄養である食物繊維やミネラルが豊富に含まれているからです。

方法2.髪はほとんどタンパク質で出来ているため、不可欠になるのがタンパク質とビタミン群、女性ホルモンと同じ働きを持つイソフラボンなど積極的に摂りましょう。

方法3.ビタミン類の中でも特にビタミンEを多く含むオリーブオイル、ナッツ類、ゴマ、玄米など血行を良くして、皮膚や頭皮に酸素を供給してくれます。毎日摂取することをお勧めします。

 

パサつき髪の応急処置の方法

 

電車や会社など外出先で髪に静電気起こしたりパサついてきたら、皆さんご存知の“ヴァセリン”を毛先中心になじませていきます。

ヴァセリンには保湿作業があるうえ、枝毛の予防にもなるため意外と髪との相性も良いです。ヘアオイルのようにベタつきもないため、意外とハンドケアと一緒にできるので一石二鳥です。

 

髪も肌と同じで少しだけケアを念入りするだけで“パサつき”から解放できます。乾燥しやすい、季節の変わり目にはとにかく髪にも『保湿ケア』が必要なことをお忘れなく!
ぜひ、髪にも栄養をたっぷり与え健やかでツヤツヤした髪を目指しましょう。

 

【サロン専売ヘアケア】商品の詳細はこちら

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です