正しい首&デコルテマッサージ方法で首の疲れも解消しながら「鎖骨美人」

Pocket

phonto

最近、冬の冷えもドンドン強く、体の奥まで「冷え」を感じてる方たくさんいらっしゃると思います。
その「冷え」でしっかり寝ていても疲労解消につながらないのです。
肩こりや顔のむくみ…頭痛など、意外とデコルテ、首のツボは頭と体をつなぐ大事な神経やリンパがあると言われてます。

普段、首は重い頭を支えるため、疲れや老廃物が溜まりやすい箇所です。
首や肩の筋肉が冷えると更に、硬くなりリンパや血液の流れが留まったり、全身の疲れも中々取れてないまま過ごすこととなります。

その原因で顔のむくみや血色も悪くなったり疲れた印象を与えてしまうのです。つまり首のシワも増え「老け顔」の元と成りかねます。

毎日のスキンケアに簡単な首&デコルテ簡単セルフマッサージを加えて、リンパの詰まりを解消してみてください。

エステサロンで受けた効果を自宅でも体験してみてください。

自分で出来る簡単首&デコルテマッサージ

フェイスクリームでも良いですが、首&デコルテ専用クリーム使用のほうが伸びがよく肌への負担がかからないのがポイントです。

CF1009_1

クリニックが開発<セルピュア>デコルテリア

 

デコルテマッサージ方法

 

1.鎖骨の上のくぼみから首の後まで軽くゆっくりと中心から外へと押しながら、グルグル回します。

1回につき3秒、じんわりと力を加えてゆっくりと離すことを5回ほど繰り返します。

押すときにゆっくりと息を吐きながら行うことでリラックスした状態で行えますよ。

160127_2 160127_1
2.握りこぶしを使って首のリンパを流していきます。耳の付け根のから肩へ向かって、なでおろすようにおこないます。
3.指2本で鎖骨を挟むようにして内から外へ向けてリンパを流していきます。力を入れずに滑らせる程度で十分です。
4.脇の下の胸の付け根から鎖骨の下のくぼみにかけて、円を描くようにマッサージをして筋肉をほぐしていきます。鎖骨の下のくぼみには中府というツボがあるので、気持ちの良い程度に刺激をします。
5.最後に鎖骨の下から喉元まで、肩から首の順番でデコルテ全体を指を丸めてなでます。

首&デコルテは顔と同じ皮膚や薄いので優しく、なでるようにマッサージすることをおすすめします。寒い時期には入浴しながらマッサージするだけで顔のハリ、首のこりも改善が期待できます。
毎日、コツコツ続けるのが首のコリも改善でき、「美人鎖骨」を手に入れる近道ではないでしょうか。

 

本当に良い化粧品、プロだけが知っている実力コスメ

本当に良い化粧品、プロだけが知っている実力コスメ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です