「目元のしわ」、間違った方法でケアしていませんか?

Pocket

 

top_img

女性がもっとも気にする顔のしわの代表が「目元のしわ」、「ほう れい線」…

初対面の人と会った時、最初に見るのが顔、特に目元ですね。

そして自分以外の人を見たとき、つい気になって見るのが「顔の シワ」。

顔に刻まれたシワが相手への「第一印象」として残ってしまいます。

そこで今回は、簡単な方法で、まず「目元のしわ」を改善する方法をお教えします。
まず、目元の構造&シワが出来やすい理由をしって、

毎日のケアに《目元ケア》を取り入れながら少しずつ改善していきましょう。

 

1、目元の構造シワの原因

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0_img

目のまわりの皮膚は薄く、とてもデリケートな部分です。

たとえば 、頬やおでこの皮膚がタオルくらいの厚みとすれば、

目のまわり はハンカチ・ガーゼほどの薄さしかありません。そのため、

顔の なかでもとくにシワの寄りやすい部分といえます。

 

2、目元の乾燥が原因で起きる小ジワって?

 

シワには大きく分けて2つあり、大ジワと小ジワに分けられます。

大ジワは、皮膚表面の細い線のように見える皮溝(ひこう)というものが、

年齢と共に深くなったもののことをいいます。

一方、小ジワは、目や口の周りなどにできる小さなシワのことで、お肌の乾燥が原因といわれているものです。

小ジワは、早期 に手当てしないと、やがて大ジワへと発展してしまう可能性のあ るシワです。

大ジワは、一度できてしまうとなかなか取ることがで きないものなのです。

 

3、目元の“乾燥小ジワ”を防ぐには?

 

目元は皮膚が薄く乾燥しがちなので、化粧水や乳液だけの保湿 では不十分です。

保湿効果の優れている、コラーゲンやヒアル ロン酸、セラミドなどが含まれている美容液を使いましょう。

 


☆ここでワンポイント!

保湿クリームマッサージをしたくなるかもしれませんが、力の強さを間違うと逆効果です。

目元の皮膚は薄いので、決して強くこすってはいけません。

力を入れすぎず、優しくケアすることをおすすめします。

乾燥小ジワ対策のクリームやシートマスクなども活用することができます。

シートマスクにたっぷりと保湿美容液を含ませて、目元を中心にじっくりと保湿パックを行いましょう。

 


☆乾燥による小ジワに使いたい超保湿ケアなら、まずこれ!

☆本格アーユルヴェーダの処方でシワの集中ケアは

☆深く表情ジワのように定着した「大ジワ」にはやはりこれ!

☆保湿成分をより深く肌奥まで届けたいならこれ!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です